ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「こうのとり基金」

■日時 平成31年3月21日
■出演 広島県健康福祉局子育て・少子化対策課 藤野 佳考(ふじの よしたか)さん
■ DJ 屋形英貴さん&近藤志保さん

【近藤DJ】
今日は、広島県 健康福祉局 子育て・少子化対策課 子育て支援グループの 藤野 佳考さんに、「こうのとり基金」についてお話を伺っていきます。藤野さん、宜しくお願いします。
「こうのとり基金」とはどういうものなのでしょうか?

【藤野さん】
近年の晩婚化,晩産化を背景に,不妊治療を受ける夫婦が増加しています。
今、日本では5.5組に1組の夫婦が実際に不妊検査や治療を受けられており、多くの方が不妊に悩んでいる状況です。しかし,不妊に悩む方が増える一方で,周囲の理解は十分とは言えません。
広島県こうのとり基金では、寄附金を活用し、妊娠・出産・不妊や不妊治療に関する正しい知識の普及啓発や雇用主などへの理解促進、不妊に悩む方や不妊治療経験者などの交流・相談支援事業を実施しています。
こどもを授かりたいと願う全ての人が、安心して妊娠・出産し、自信を持って充実した子育てができる環境づくりに取組んでいます。

【屋形DJ】
具体的に、どんな取り組みを行っているのでしょうか?

【藤野さん】
寄附金を活用し、今年度は県内3カ所で計3回の妊活セミナーを開催しました。
セミナーでは、不妊治療の専門の先生に、不妊の原因や治療方法等について、分かりやすく講演いただいたほか、助産師による個別相談会や参加者との交流会を行いました。

【屋形DJ】
不妊のことで相談できる窓口はありますか? ←追加してはどうでしょうか?

【藤野さん】
広島県不妊専門相談センターでは、不妊・不育に関する悩みや、不妊検査,治療などの相談に医師や助産師等の専門家が対応しています。ここでは、電話・面談・FAX・電子メールで相談をお受けしています。
相談は無料で、匿名でもご利用出来ます。是非お気軽にご相談ください。
尚、医師及び助産師による面談は予約制となっております。面談で相談を希望される方は、不妊専門相談センターまでご連絡ください。

【近藤DJ】
計3回の妊活セミナーを開催されたということですが、参加された方の様子はいかがでしたか?

【藤野さん】
セミナーには女性の方が多かったですが,最近はご夫婦で参加される方も増えています。
セミナーでは,皆様,メモを取ったり,先生のお話を熱心に聞かれていました。
妊活セミナーには是非夫婦そろってご参加していただきたいです。不妊の原因は女性側にあると思われがちですが、原因の半分は男性側にもありあます。男性も当事者意識を持ち、不妊治療は夫婦二人三脚で行うことが大切です。
また、不妊治療は女性の体調に合わせて行います。治療内容によっては頻繁な通院が必要な場合もあり、女性にとって仕事と不妊治療の両立が難しく、治療を行っている方の約16%が離職されて
いるのが現状です。
広島県では今後、企業の方に不妊治療についてより理解を深めていただく活動を行い、不妊治療を受けている方が治療と仕事を両立しやすい環境づくりに取り組んで行きたいと考えています。

【近藤DJ】
今後も定期的にセミナーは開催予定ですか?

【藤野さん】
来年度も妊活セミナーを開催する予定です。開催日は決まり次第広島県HPでお知らせしますので是非ご覧ください。
不妊は誰もが直面する可能性がある問題です。
広島県こうのとり基金は、皆様から頂いた寄附によって不妊に悩む方の支援活動を行っています。
同基金の活動にご賛同いただける方は、是非、広島県こうのとり基金への寄附に御協力をお願いします。


【近藤DJ】
今日は、「こうのとり基金」について、広島県 健康福祉局 子育て・少子化対策課 子育て支援グループ の 藤野 佳考さん にお話を伺いました!ありがとうございました!