分娩、入院にかかる出産費用について、経済的負担軽減のため、加入している健康保険から出産育児一時金が支給されます。

 

 例えば、国民健康保険の被保険者が出産した時、世帯主の申請により1児につき42万円。出産費用の領収書、保険証、病院との代理契約による文書などを揃えて、各市町・区役所などに申請すれば、世帯主の口座に振り込まれます。

 

 詳しくは、ご加入の健康保険組合にご確認ください。