トップ > お父さん応援プログラム > 平成27年度 お父さん応援プログラム(実施企業募集)

お父さん応援プログラム

○平成27年度 お父さん応援プログラム(実施企業募集)

2015.4. 6

お父さん応援プログラム ご案内

☆募集中や実施予定のプログラム

(公財)ひろしまこども夢財団 お父さん応援事業「お父さん応援プログラム」
<実施企業を募集します >

仕事と子育ての両立支援に取り組まれる企業を応援するために父親の役割をさまざまな視点から見直しながら、仕事と子育ての両立について学ぶ講座を計画しました。
「男性社員向け」の職場研修としてぜひご活用ください。

20140601_002.jpg

(公財)ひろしまこども夢財団のお父さん応援事業
お父さんが目覚める!
2010年、政府の「イクメンプロジェクト」発足から6年が経過しました。年々「男性の子育て」への関心が一層高まる一方、仕事と家庭の両立支援が求められ、家族の中での父親の役割がより重要視されています。
(公財)ひろしまこども夢財団では、父親の子育て意識や父親の家庭内での役割等の向上をめざし、地域や企業において「お父さん応援プログラム」を実施するなどして、子育てにおける父親支援の意識を啓発するために、お父さん応援事業に取り組んできました。

 

受講者
■家庭の中で自分という父親しか見れていなかったが、周りの意見を聞くことができ、勉強になった。
■今後、子育てにより深くかかわっていこうと感じたと同時に、ワークライフバランスについては見直していきたい。また、古い職場で早く帰ることは悪であると考えている上司もいるので、自分が上司の立場になった時には、部下にワークライフバランスの大切さを教えていきたい。
主催者
■実施後、育児休職制度について問い合わせがあるなど、本プログラムがイクメンたちに与えたインパクトは大きかったようです。このたびの経験が、自身の育児だけでなく、将来の職場のマネジメントなどにも活かされることを期待しています。
■「"父親の子育て"について、お母さんの声も聞きたい。」「今日の参加者ともっと子育ての話がしたい。」といった前向きな意見も寄せられ、大変充実したセミナーとなりました。

 

◇実施時期 : 6月~12月頃
◇講座回数 : 1企業につき1回まで
◇対象企業 : 主に未就学児を子育て中の男性社員(12~20人)が受講可能で、これまで夢財団主催のお父さん応援プログラムを実施したことのない企業
◇実施方法 : 実施企業には、本講座を自社の研修として位置づけ、研修会場と受講者を確保していただき、講師(ファシリテーター)は当財団が派遣します。
(講師謝金、講座資料代は、財団が負担します)
◇募集数 : 2企業(先着順)
◇学習内容 :
○ VTR等による父親の役割についてのレクチャー
○ 子育てに関する資源を探る「助っ人マップづくり」
○ ワーク・ライフ・バランスを実感するイメージワークなど

 

*「お父さん応援プログラム」とは?

埼玉県新座市のNPO法人新座子育てネットワークが開発した、父親の役割について学び、仕事と子育てについて考え、ワークショップでリフレッシュする、子育てする男性のための研修プログラムです。
この講座に参加した8割のお父さんから「良かった」と評価され、仕事と子育ての両立を目指す社員は仕事の能率が高いといわれ、全国の企業で社員研修に採用されています。

★お申し込みは、実施申込書(コピー可)にご記入の上、会社概要の分かるパンフレット等を同封して、下記の宛先に郵送でお願いいたします。

<お問合せ・お申込み先>
主催 : 公益財団法人ひろしまこども夢財団
〒730-8511
広島市中区基町10-52 広島県庁内
TEL&FAX (082)212-1007

※実施申込書は下記よりダウンロードが可能です。

各データをご覧になるには表の中のPDFPDFマークをクリックしてください。


No.
タイトル
内容
01
募集要項(概要)・申込書
PDF

◇お父さん応援プログラム
◇これまでの実績
◇参加者の声
◇メディア掲載(H22年10月26日中国新聞)
◇要項
◇参加申込書(PDF版)

02
PDF
◇参加申込書(Word版)

 

お父さん応援事業(お父さん応援プログラム)平成23年度実績

PDF企業(企業の社員研修として実施)5回
年度-No.
実施主体
所在地
日時
参加人数
23-1 株式会社サンエイ
福山市
10/1(土) 10:00~
8名
23-2 株式会社サタケ
東広島市
11/11(金) 15:20~
23名
23-3 NTT西日本‐中国
広島市
11/18(金) 13:00~
20名
23-4 明宣社・ザメディアジョン
広島市
1/21(土) 10:00~
8名
23-5 呉青年会議所
呉市
2/18(土) 18:30~
6名
 
 
65名
 
PDF地域(地域の団体と夢財団が協働で実施)9回
年度-No.
実施主体
所在地
日時
参加人数
23-1 世羅町子育て支援センター
世羅町
8/6(土) 10:00~
8名
23-2 (社福)湯野福祉会みどり保育園
福山市
9/10(土)10:00~
16名
23-3 広島市南区大河公民館
広島市
9/25(日) 10:00~
8名
23-4 子育て支援サークルひまわりるーむ
広島市
10/16(日) 10:00~
8名
23-5 認定こども園一心学園
廿日市市
11/5(土) 13:30~
8名
23-6 佐伯区地域子育て支援センター
広島市
11/12(土) 10:00~
12名
23-7 (社福)あい福祉会あい保育園祇園
広島市
11/13(日) 10:00~
9名
23-8 府中ひかり保育園子育て支援センター
府中町
11/19(土)10:00~
5名
23-9 熊野町子育て支援センター
熊野町
12/3(土) 10:00~
7名
 
 
81名
 
PDFふたご・みつごのお父さん対象に実施(地域の団体と夢財団が協働で実施)5回
年度-No.
実施主体
所在地
日時
参加人数
23-1 広島市こども未来局 子ども・家庭支援課
広島市
9/17(土)10:00~
8名
23-2 ピーナッツフレンド
広島市
11/6(日)10:00~
9名
23-3 ツインズ・キッズ
海田町
12/3(土) 10:00~
7名
23-4 安佐南保健センター
広島市
12/4(日) 10:30~
9名
23-5 ツインズファミリー
福山市
2/26(日)10:00~
8名
 
 
41名

お父さん応援事業(お父さん応援プログラム)平成24年度実績

PDF企業(企業の社員研修として実施)3回
年度-No.
実施主体
所在地
日時
参加人数
24-1 中国新聞社労働組合
福山市
4/28(土) 14:00~
18名
24-2 (株)ディスコ
呉市
11/27(火)13:30~
9名
24-2 医療法人あかね会
広島市
2/23(土) 10:00~
7名
 
 
34名
 
PDF地域(地域の団体と夢財団が協働で実施)2回
年度-No.
実施主体
所在地
日時
参加人数
24-1 (社福)湯野福祉会みどり保育園
福山市
8/18(土) 10:00~
9名
24-2 親子でわくわく体験実行委員会
坂町
9/9(日)10:00~
9名
 
 
18名
 
PDFふたご・みつごのお父さん対象に実施(地域の団体と夢財団が協働で実施)1回
年度-No.
実施主体
所在地
日時
参加人数
24-1 広島市こども未来局 子ども・家庭支援課
広島市
2/23(土)10:00~
9名

お父さん応援事業(お父さん応援プログラム)平成25年度実績

PDF企業(企業の社員研修として実施)2回
年度-No.
実施主体
所在地
日時
参加人数
25-1 NTT西日本‐中国
広島市
3/10(月)10:00~
19名
25-2 アクサ生命保険(株)
広島市
3/10(月)14:30~
6名

お父さん応援事業(お父さん応援プログラム)平成26年度実績

PDF企業(企業の社員研修として実施)2回
年度-No.
実施主体
所在地
日時
参加人数
26-1 広島大学
東広島市
12/8(月)10:00~
20名
26-2 広島電鉄(株)
広島市
2/17(火)14:00~
10名


<講座参加者の感想>PDF

■育児参画することのモチベーションが上がってよかったです。
■家庭の中で自分という父親しか見れていなかったが、周りの意見を聞くことができ、勉強になった。
■公的資源も含め活用できる資源の再確認ができた。
■親は子どもの最初の先生、教科書というフレーズが大変印象に残った。子どもは自分の言動をよく見て聞いているということを再認識させられ、責任をもった言動を心がけようと感じた。
■今後、子育てにより深くかかわっていこうと感じたと同時に、ワークライフバランスについては見直していきたい。また、古い職場で早く帰ることは悪であると考えている上司もいるので、自分が上司の立場になった時には、部下にワークライフバランスの大切さを教えていきたい。
■子育ては父親、母親だけでなくいろいろな人に助けてもらっているということ、助けてもらっていいんだということがわかりました。悩むことがあれば誰かに相談すればいいと、少し気持ちが楽になりました。また、母親からすれば父親も子育てに不可欠なリソースなんだなあと痛感しました。


<講座主催者の感想>PDF

■実施後、育児休職制度について問い合わせがあるなど、本プログラムがイクメンたちに与えたインパクトは大きかったようです。このたびの経験が、自身の育児だけでなく、将来の職場のマネジメントなどにも活かされることを期待しています。
■「"父親の子育て"について、お母さんの声も聞きたい。」「今日の参加者ともっと子育ての話がしたい。」といった前向きな意見も寄せられ、大変充実したセミナーとなりました。