パパ・ママ応援「おうちの看護」

  • 発熱の場合
  • 嘔吐の場合
  • 誤飲の場合
  • 皮膚のブツブツの場合
  • けいれん・ふるえの場合
  • せき・ゼエゼエの場合
  • やけどの場合
  • 下痢の場合
発熱の場合 38℃未満

様子をみながら診療時間になるのを待ってお子さんを病院・診療所へ連れて行くとよいでしょう。
ただし症状が大きく変わったら急患診療所で受診してください。(連休・正月期間中は翌日に受診してください。)

【お薬を与えるときの注意点】
●解熱剤には、アスピリン、ポンタール、ボルタレンなどは使わないでください。
●解熱剤を使う目的は、発熱にともなうつらさを和らげ、水分を取りやすくしたり、よく眠れるようにしてあげることです。体温が高くても元気なお子さんに使う必要はありません。
また、熱が徐々に上がっているときには、効果が悪くなりますので、手足が温かくなり熱が上がりきったタイミングで使いましょう。

【発熱時のおうちの看護!】
●急に熱をあげることがあるので注意しましょう
●消化に良い食べ物を食べさせてあげましょう。
●熱の出始めは寒気がするので暖かめに、熱が上がりきったら涼しくしてあげましょう。
●お子さんが暑そうなら涼しく、寒そうなら暖かく、寝巻きやおふとんを調整してあげましょう。
●脱水を起こさないよう、水分補給をこまめにしましょう。
●お風呂は体力を消耗しますので当日は様子を見てぬるま湯で体を拭いてあげましょう。
●お子さんが気持ちよさそうだったら、冷たい枕やタオルなどを頭に当てるなど冷やしてあげましょう。
●汗をよくかくので、着替えをこまめにしてあげましょう。
●熱があっても元気な場合、なるべく解熱剤を使用しないようにしましょう。

詳細は 【赤ちゃんの熱...ワンポイントアドバイス】をご覧ください

これ以外のいろいろな症状の対処方法などは・・・

広島県小児救急医療相談電話(こどもの救急電話相談)
電話番号 #8000又は082-505-1399
相談受付 19:00~翌朝8:00