厚生労働省では、平成30年度の「児童福祉週間」の標語を募集します。

最優秀作品に選ばれた標語は平成30年度児童福祉週間を中心に全国各地で行う広報・啓発活動等で幅広く活用します。

応募についての詳細は公益財団法人児童育成協会のホームページをご覧ください。

http://www.kodomono-shiro.or.jp/jigyo/hyougo

(参考:過去5年間の最優秀作品)

平成29年度 できること たくさんあるよ きみのてに

平成28年度 その笑顔 未来を照らす 道しるべ
平成27年度 世界には 君の輝く 場所がある
平成26年度 そのいっぽ みらいにつづく ゆめのみち
平成25年度 君がいる ただそれだけで うれしいよ

 【児童福祉週間とは】

子供たちがいきいきと元気に幸せに育つためにはどうしたらいいのだろうということをみんなで考えたり、このような考え方をたくさんの人に知ってもらうための1週間です。

国では毎年5月5日の「子どもの日」から1週間を 「児童福祉週間」としています。