やめよう!
どなる
やめよう!
体罰

はじめよう!
具体的にほめる
はじめよう!
困ったときには抱え込まず相談

子育ては思ったよりも難しいものです。
こうしたい、ああしてあげたい、と理想の親を目指して、一生懸命子育てをしている中で、うまくいかなくて、感情的にどなったり、時に叩いてしまうことがあるかもしれません。

「なぜ、体罰をしたらいけないのか」「体罰や暴言が子どもに及ぼす悪影響」「体罰等によらない子育て」の方法についてお伝えします。

体罰とは

言葉で注意したけど、言うことを聞かないので頬を叩いた

掃除をしないので長時間正座させた

宿題をしなかったので夕ご飯を与えなかった

友達を殴ってけがをさせたので、痛みを教えるために殴った

子どもの心を傷つける行為とは

つい「お前なんか生まれてこなかったらよかった」と言った

※道に飛び出しそうなので腕をつかんだ、というのは体罰ではありません

体罰が及ぼす影響

藤原武男他による2017年の調査「幼児に対する尻叩きとその後の行動問題」によると、親から体罰を受けていた子どもは、全く受けていない子どもに比べ、「落ち着いて話が聞けない」「約束を守れない」「感情のコントロールが苦手」という問題行動をとるリスクが高まることが分かっています。
体罰・暴言は子どもの発達に深刻な影響を及ぼします。親は「愛の鞭」のつもりでも、目に見えない大きなダメージを与えているかもしれないのです。

子ども時代のつらい経験により傷つく脳

提供:福井大学 友田明美教授

厳しい体罰により、前頭前野(社会生活に極めて重要な脳部位)の容積が19.1%減少。言葉の暴力により、聴覚野(声や音を知覚する脳部位)が変形

体罰等によらない子育てとは

子どもの話をまず聞きましょう。子どもの気持ちや考えに耳を傾け、気持ちを受け止めることから始めましょう

「言うことを聞かない」にもいろいろあります。
(大人の気を引きたい、まだ理解できていない、今日は体調が悪いなど)

危険なもの、触ってほしくないものを子どもの視野からなくすなど、環境を整えてみましょう

大泣き、かんしゃくを短時間でおわらせるためのコツを探してみましょう。
(そして泣き止んだらほめる!を繰り返しましょう)

子どもの良いところ、今できていて更に増やしたいこと、を具体的にほめましょう

お父さん・お母さん自身が困ったら抱え込まずに誰かに相談をしたり、SOSを出しましょう

肩の力を抜いて、子どもの素敵なところ、面白いところを見つけてみましょう。できそうなことからやってみましょう。

厚生労働省
「体罰等によらない子育てを広げよう」

体罰等によらない子育てとは

SNSで人気の
子育てインフルエンサー
木下ゆーき

1989年3月9日生まれ。
笑いを交えた子育て情報を発信する子育てインフルエンサー。ユニークなおむつ替えシリーズや子育てモノマネ動画など、その発想力と表現力は著名人にもファンが多い。TVやラジオ等のメディア出演のみならず、トークライブは過去公演全てにおいてチケットが即完売している。

ドタバタ子育て絶賛奮闘中の
グラフィックデザイナー
ヒロミーノ・
ミセトロヴィッチ

1男1女の子育てに追われながらデザイナーとして働く四十路のハイパー姉さん。独創的なデザインとは裏腹に、真面目過ぎるほどにキチンとしたママっぷりで周囲のリスペクトを集める。野趣あふれるパパに引き連れられての週末アウトドアが癒しと元気の源となっているとか、なっていないとか…。

虐待かな?と思ったら189 相談窓口