トップ > お悩み相談・体験談 > ひろしまこども夢財団★papamama smile club > 「民生委員・児童委員の活動」について 

ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「「民生委員・児童委員の活動」について 」

■日時 平成29年12月7日(木)15:10~
■出演 広島県 民生委員・児童委員協議会 広報委員会 委員長 俵 尚子(たわら なおこ)さん
■ DJ 屋形英貴さん・近藤志保さん

【近藤DJ】
今回のpapamama smile clubは、誰もが安心して暮らせる地域づくりのために
様々な活動を行っている「民生委員・児童委員の活動」について、
詳しくお話しを伺います。スタジオにお越しいただいたのは、
広島県 民生委員・児童委員協議会 広報委員会 委員長の俵 尚子さんです。
宜しくお願いします!

【俵さん】
宜しくお願いします。

【近藤DJ】
広島県内でも、およそ6000人の民生委員・児童委員のみなさんが活動をされているそうですが、
どんな取り組みなのか、教えてください。

【俵さん】
民生委員・児童委員は地域の身近な相談相手で、住民の皆さんと行政や関係機関をつなぐパイプ役です。
地域では、高齢者や障害のある方、子育てや介護をしている方などが、周囲に相談できず孤立して
しまうケースが増えています。
そこで、民生委員・児童委員は、住民の皆さんからの生活の困りごとの相談に応じ、高齢者や子ども
を見守り、誰もが安心して暮らせるまちづくりのための取り組みをすすめています。
また、民生委員は児童委員を兼ねていて、赤ちゃんからお年寄りまで、支援を必要としている
ご家庭全体に関わりながら、支援を行っています。
        
【近藤DJ】
具体的にはどんな活動をされているのでしょうか?

【俵さん】
児童委員としての主な活動は3つあります。
一つ目は、相談対応です。妊婦さんや子育て中のお母さん・お父さんからの子育ての不安や
心配ごとに関する様々な相談を受けて、その内容に応じて、行政や関係機関につなぐなど、
課題解決に向けた支援を行っています。
二つ目は、子どもの見守りです。子どもたちが事故や事件に巻き込まれないように、
地域の皆さんと一緒に登下校時などに見守りや声かけ、パトロール活動を行っています。
三つ目は、学校との連携です。学校と密接に連携して、行事への参加や福祉教育への協力、
課題のある子どもの見守りや家庭訪問などに協力しています。
そのほか、子育て中の親子の居場所・仲間づくりを目的とした子育てサロンのお手伝いや、
自治体によっては、赤ちゃんが生まれたご家庭に、保健師さんなどと一緒に訪問をしています。

【近藤DJ】
俵さんが主に活動されている地域は、海田町ということですが、民生委員・児童委員として活動
されて6期目、17年目に入られたそうですね。これまで実際に活動をされてみていかがですか?

【俵さん】
色々な人との出会い、多くの学びがありますし、何より認知症の94歳我が母への対応が穏やかに
出来るようになった事、子供たちへの声掛けも自然に出来るようになったと喜んでいます。
もともとは、前任者の強い勧めにより始め不安はたくさんありましたが、全て自己の学びに
繋がっています。また、我が町海田では、海田版ネウボラを本格的にスタートさせています。
ネウボラとはフィンランド語で妊娠から出産・子育てまでを、切れ目なく支援する仕組みで
「アドバイスする場所」の意味です。
これからも、私達も積極的にかかわっていきたいと思っています。

【近藤DJ】
民生委員・児童委員に悩みを相談したい!そういった場合、まずどうしたら良いですか?

【俵さん】
お住まいの地域の民生委員・児童委員をご存知の場合は、直接、お気軽にご相談ください。
地域の民生委員・児童委員が誰なのか分からない・・・といった場合は、お住まいの市役所、
区役所、町役場の窓口にお問い合わせください。

【近藤DJ】
最後に子育てに奮闘中のパパママにメッセージをお願いします。

【俵さん】
民生委員制度100周年、児童委員制度70周年を迎えた歴史ある制度です。
これからも、近所のちょっとおせっかいな おじちゃん・おばちゃんとして、地域の皆さんに
寄り添った活動をしていきたいと思います。
民生委員・児童委員には守秘義務がありますので、秘密は絶対に守ります。
子育てに悩んでいるお母さん、お父さん、ひとりで悩まずに、いつでも気軽に地域の
民生委員・児童委員に相談してください。

【近藤DJ】
今日は、「民生委員・児童委員のみなさんの活動」について、広島県 民生委員・児童委員協議会
広報委員会 委員長の俵尚子さんにお話しを伺いました!ありがとうございました!!