広島市とSATOMACHI(運営会社:和大地)が主催する「あっ"たまる"比治山」は、冬の比治山公園を楽しむ、スポーツGOMI拾い・たき火・ワークショップ・外遊び・トークセッションのほっこりone day。ちょっと寒いけれど、思い切って外に出れば、楽しく遊べるはず。DIO[do it ourselves](それ、みんなで、やってみよう)の気持ちで、比治山の持つ良さを活かしながら、みんなであったまる時間を手づくりします。

枯れ葉がたまり、たき火であたたまり、未来への想いがたまる。そんな冬のone dayに。

【企画内容】
01|第1回スポGOMI in 比治山|比治山に眠っているGOMIを拾い集め楽しみながら綺麗にしていく環境に優しいチーム対抗スポーツ。

02|たき火Day Camp|みなさんに集めていただいた枝や葉っぱを使ってたき火を楽しみながらのひととき。時間をかけて焼き芋を焼き上げます。

03|ワークショップ|焼いている間、江田島産のオリーブの葉でつくる"リース"やしめ縄用に特別栽培された稲わらでつくる"正月飾り"のワークショップも開催。

04|外遊び|さらに、焼いている間、凧揚げなど昔ながらの外遊びのアイテムを用意。親子で走り回って楽しんでいただけます。

05|パネル展示|明治維新から150周年目の今年、明治時代に公園に制定され、明治天皇の御便殿が移設された比治山公園の歴史を振り返ります。

06|トークセッション|アウトドアブランドのTHE NORTH FACEの事業部長の森光氏をお招きし、"アーバンアウトドア"の視点で比治山を考えます。

07|ほっこりタイム|最後は、おやつの時間。ほっこり焼きあがった焼き芋をみんなで美味しくいただきます。


【実施概要】
名 称: あっ"たまる"比治山
主 催: 広島市・SATOMACHI  事務局:株式会社和大地
協 力: iegoto、イオンモール株式会社広島段原ショッピングセンター、有限会社一場木工所、江田島市地域おこし協力隊 西村京子、川崎市黒川青少年野外活動センター、キムラミチタ、株式会社ゴールドウイン、障害者就労継続支援事業所広島作業所、段原おやじの会、段原公民館、段原地区町づくり協議会、日本スポGOMI連盟、庭能花園、株式会社ノラクリエイト、広島市現代美術館、広島市まんが図書館、NPO法人ひろしまジン大学、BINGO BBQ 協会、ボランティアだんばら、南消防団段原分団、モチプロ・サポーターズ、ヤマノイ株式会社(五十音順)

日 程: 2018年12月8日(土)
会 場: 比治山公園御便殿広場

タイムテーブル:
9:30- "第1回スポGOMI in 比治山" 受付開始 準備
10:00- 開会式・ルール説明 パネル展示
10:30- 競技開始
11:30- 計量
12:00- 閉会式・結果発表
12:20- ランチタイム:お弁当希望受付あり
13:00- "たき火Day Camp" ワークショップ"リース""しめ縄" 外遊び/たき火
14:00- ワークショップ"リース""しめ縄"
14:40- トークセッション
14:30- ほっこりタイム
15:00- 終了 片付け
申し込み:
こちらよりエントリーください→ https://goo.gl/forms/209bf3xAoDqV582h2

スポGOMI → 11月30日エントリー締め切り
その他ワークショップ/販売など → 事前申込および当日受付
お問合せ: SATOMACHI/さとまち 03-5738-2206 info@satomachi.jp(担当:岡本・和田)

━━━━━━
イベントチラシはこちらからご覧ください。
http://www.ikuchan.or.jp/event/20181209_satomachi.pdf