★☆★8月は『大巨獣ガッパ』を上映★☆★
南海の孤島で、探検隊が生まれたばかりのガッパの子どもを見つけ、日本に連れ帰った。それを知った親ガッパが、子どもを取り戻すために相模湾に姿を現す。戦車やジェット機の攻撃も歯が立たず、怒りの親ガッパは東京へ向かう...。(作品提供/日活)
★時間/①10:30~11:54 ②14:00~15:24
★鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料
※チケットは当日券のみ。午前の回は30分前、午後の回は1時間前から発券予定です。
※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

〈作品情報〉
・1967(昭和42)年 日活 84分 カラー 35㎜
・監督/野口晴康 出演/川地民夫、山本陽子、小高雄二、和田浩治

◎当館からのお願い、お知らせ◎
・発熱や咳など体調に不安がある方は、ご入館をお控えください。
・ご入館の際は、マスクを着用してください。
マスクを着用されていない場合はご入館をお控えください。
・館内に消毒液を用意しておりますので、ご利用ください。
・新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、急遽、中止・変更になる場合があります。