■対象
産前産後の女性労働者

■休業期間
6週間(多胎妊娠の場合14週間)以内に出産予定の女性が休業を請求した場合には、その者を就業させてはいけないことになっています。また、産後8週間を経過しない女性を就業させてはいけないことになっています。ただし、産後6週間を経た女性が請求した場合には、医師が支障ないと認めた業務に就業させることは差し支えないことになっています。出産予定日より出産が遅れた場合、延長となった期間は産前の休業となります(出産日は産前の休業期間に含みます)

■業中の賃金(給料)
有給か無給かは事業所ごとに異なります。

■問い合わせ
労働基準監督署