トップ > イクちゃんネット > いざというときには

iza001aa.gif

いざというときには

the first aid

急なケガ・事故・病気へのとっさの対応には、以下のサイトが便利です。地域別や状況別に事例がまとめられていますので、活用してみてください。

電話相談

救急医療案内サービス

広島県内 フリーダイヤル 0120-169901(FAX兼)
※電話案内24時間
※一部のダイヤル式電話機では、ご利用になれない場合があります。
※急病やケガをした場合、かかりつけの医師が不在の場合に上記のフリーダイヤルにお電話ください。案内を受けた病院・診療所に行く場合は電話で確認してください。

広島小児救急医療相談電話(こどもの救急電話相談)

局番なしの ♯8000 又は 電話(082)505-1399(携帯電話可)
ただし、大竹市の固定電話、IP電話(050)、ひかり電話からは
電話(082)505-1399
相談受付 19:00~翌朝8:00
※H24.4.1から相談時間が延長されました。

災害に備えて

「みんなdeなかよく!まなぼうさい!!」(広島県)

「アレルギーっ子の防災のおはなし」(NPO法人アレルギー支援ネットワーク)
子どもが災害とアレルギーを理解できる副読本「災害がおきたら??!」~アレルギーっ子の防災のおはなし~を出版、紹介するページです。
(PDFはこちらからダウンロードができます)
「災害がおきたら??!」~アレルギーっ子の防災のおはなし~ (ZIP形式 / 解凍ソフトが必要です)

子どものケガ・事故を防ぐために

お子さんのケガや事故や病気への対応がかかれたハンドブックです。

※好評により配布を終了しました。ホームページ上から閲覧も可能ですので、ぜひともご覧ください。

親子で見る絵本、子どもの病気ハンドブック

■「こどもの病気ハンドブック(こんなときどうする?)」
子育て中の保護者の不安解消を図るため、子どもの急な発熱、嘔吐などよくある症状ごとに「家で様子を見ても良い状態」または「すぐに病院に行く必要がある」など、緊急性があるかどうか判断に役立つ1冊。

■「おしえて!ガオせんせい」
■「くまちゃん かぜをひく」
子どもが病気になった時、病院での治療方法やマナーについて、子ども本人が楽しみながら学べる絵本です。

・・・・・・・・・・・・・・

※好評により配布を終了しました。ホームページ上から閲覧も可能ですので、ぜひともご覧ください。

「絵本・ハンドブック」(PDF閲覧用ページへ)

book2013_003.jpg